2015年01月13日

NDA GI CLASSIC NEW YEAR CUP 2K15 in 岡崎総合公園

岡崎総合公園まで約600km。
行ってまいりましたニューイヤーカップ。
046_1C3A9443.jpg
Photo by アプロ様 クリスマスカップにて

1日目はサバイバル。
いつもどおりクジ運悪く、仲良しメンバーとの潰しあい;;
最終組の3番目。
岡崎の風神様は私に優しく、それまで吹いてた向かい風が一時的にやみまして、無難に22で2ラウンド目進出。動画はありません。



2R目。
ボーダーは21。クジの関係で、嫌なことにラストスローワー。
ボーダーが決まってるということで他人がちょっと気になるお年頃。
1投ミスっても6・6・6・4で行けるのですが、無難に6狙ってなげて上手くいったことないし、
追い風だし、攻める練習!ってことで。
左からの追い風なのにリリース早すぎ&立てすぎたか1投目左に流れたー!
2投目右意識したら立て忘れたー!&エアロはじきでタイムロスー
その後2投するも、6・8くらいで、ラスト1投は間に合わず。

凹んでいたら、いつもスーパーで魅了するプレーをする方にいい攻めだった!と言われ、一気に浮上。
単純である。





2日目はレディースデー!
1日目はあっちゃんとサバが被っちゃったけど、2日目は10人くらい間があいていたからNANAちゃんが動画をとってくれました。さんくすこー!

1ラウンド目。

この日は風運がなく、丁度、微向かいになっちゃったので8は無理だし。
無理をせず無難に6×5。



2ラウンド目
いきなり風が強くなってきて、タープが上下に揺れているのがわかり、わらけてきた。
風でエンドライン上のコーンもこけてるじゃないかwww
MC『これまで我慢していた風が吹き込んでおります』


風が強くなってきてもこれより酷い風を経験したおかげで冷静になれた。

追い風はディスクが先行するので投げ出しを遅くしてみたこともあったけど、ディスクの質が悪いので、エアロがディスク発見してから落ちるまでの時間が短すぎて合わなかった。
そこで、右からまわすようにしてみたところ、右から左に流れる間にエアロが追いつくことが出来る為、追い風はこの作戦で攻めることが多い。距離も伸びるのでポイントが稼ぎやすい。
だがしかし。強すぎる追い風は立てると左に流されてしまうという経験も昨年の周南大会のシェイクで学んだ。ここは回転かけて、ちょい立てであとはエアロの追い足に任せるしかない!



結果は4・8・×・6:18ポイント
3投目で変な風に乗らなければもう一投出来たな。
あの風の中、よく投げれたと思う。
このラウンドが自分的に一番成長を感じられたラウンドだった。
(いや、エアロのキャッチセンスと追い足がすばらしいんですけどね)
年末に行った広島メンバーとの爆風の中での練習会の成果が発揮された瞬間であろう。
回転って大事だね。

不運な風に見舞われながらも、やりきった感。結構満足。
でも、1Rが終了した時点で、30ポイントで5位タイで、私よりポイント持っている人が後ろに4人いるのに加え、10人以上まだプレイしていない人がいる状態。
そして風もおさまり・・・・
予想ボーダーだけども、48ポイントじゃ全然足らないだろうとすでに終了モードで靴もクロックスに履き替えて観戦していたのですが・・・・

まさかの48が5位タイで4人仲良く決勝進出。
本来5人しか決勝にいけない中、8人がG1クラッシックの特別なファイナリストディスクをいただけました。クソラッキー!!!!
っつーか、ボーダー予想した方、マジすげー!



FR
棚ボタみたいな決勝ラウンドは向かい風。

昔から滋賀の友人にヒジの指摘を貰っていたものよくわからず、年末に行った広島の方々との練習会では回転の重要性を学びながらもまたヒジを指摘されそんなに悪いのか・・と感じていた。
その後迎えたクリスマスカップのサバ決勝で、自分だけ微向かいで6投げれないのを経験済み。
12/30に福岡の師匠とLINEで向かい風対策を行い、1/3に山口メンバーと練習した。

5位タイの方が先にプレーしていたんだけど、向かい風に遊ばれている感じだった。
だがしかし!この日裏切られていた風だが、ここにきて、自分のときに若干弱まった。
この風だと、クリスマスカップのサバ決勝のときのほうが強かった。
G1クラッシックの決勝なのに、5位ということで勝利への執着もなく、緊張はなかった。

ただただ風の強さを考えて角度と回転とヒジと方向だけを考えて無心で前へ投げ続けた。

結果。
6×5。

去年の私なら間違いなく力んで全力で打ち上げて4×5だったであろう。
成長したなー
私がまだ忍者だったころwから見守り続けてきてくれた西エリアの方々も一緒にすごく喜んでくれたのが、ホントにすごく嬉しかった。
ここにD元夫妻がいたらなー!と強く思った。

やりきった感で、さて、エアロさん。
坂の上の駐車場(片道5分)に戻ろうかとしたら、同点とかになったらもう1ラウンドあるかもしれないから・・・ということで場を離れるのを止められた。

後続をみていたら・・・・・
なんか優勝しちゃったよ、おい!
10401514_625873117541744_2082869539309067934_n.jpg
G1のファイナリストディスクに貼ろうとして旦那様に止められた。かといって旦那様の白黒カーに張るのもどうかと思うし、いっそのことピンクのダウンジャケットの羽が出ているところに貼ろうか・・?

まったく緊張感なしで練習みたいになげて棚ボタ優勝。

多分、決勝ラウンド1番手でも緊張してダメだっただろうし、3番目で後ろから5番目という他のポイントも全く気にならない、優勝も気にならない、いい投げ順だった。
あと、1・2Rも、クリスマスカップのサバのポイントがランキングに反映されておらず、順位が佳境ではなかったため、ノビノビやれた。

プレッシャーがかからない場面ではいいんだけど、これで投げ順が佳境に移るとしばらく力み病を発症しそう。でもきっと段々慣れていくに違いない。

クリスマスカップの決勝や、爆向かい風の大会などなど、経験って重要だなーとすごく思う今日この頃。
しかし、肝心のオレオさんの順位はどうなっているんだろうか?

神戸どうするの?旦那さまー?
【ディスク大会の最新記事】
posted by mingo at 23:21 | 山口 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディスク大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:(管理人のみ表示)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

絵文字
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412246609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック