2013年02月02日

その後

ご心配をおかけしております。
先日、病院に行き、注射と点滴を受けて快腸になったオレオだったのですが、木曜日くらいからまた粘膜がつき始め、金曜早朝からくだしてしまいました・・・・

お薬も切れたので、本日病院に行ってまいりました。
担当医は若いイケメン先生じゃなくて、前回同様院長先生。
注射してもらったステロイドが切れたんだろうという残念な見解で、ステロイドが効いているということは、まだ、何かしらの原因が体内にあり、腸内での炎症が起きている模様です。

ただ、嘔吐もなく、下痢も水ではないので今回は新たにお薬を、フラジールというものを処方していただき、暫くフードをアレルギーとの切り分けとして、当初あげてたものだけに戻して様子見となりました。
それでも改善が見られない場合には内視鏡検査になりそうです(´;ω;`)全身麻酔嫌〜

この薬、副作用としてはイベルメクチンでもあるように脳へ行っちゃうコリー系で痙攣?(院長がレロレロ震えて実践していた)っぽいものが出たことが過去二例あった。が、薬をやめれば元に戻るので、と注意をうけた。

初めて行った家から近い動物病院では、カルドメック(イベルメクチン含)を普通に処方されたのを思い出した。ブリーダーさんから前情報貰ってなかったら気付かないところだった。そういう意味でも、犬種による副作用をキチンと把握して下さる此方の病院は安心できる。

便検査してもらったんですが、菌が増えているということで、この薬の抗菌に期待。
奥の方はそこそこ形になってるよ、というコメントは嬉しかった。
が、朝ご飯スープのみにしたからねぇ。

あと、アレルギー検査にも踏み切りました。92項目の検査です。
オレオの血がアメリカへ渡ります。結果が出るには数週間かかるとのこと。
なにがでるかなー?
血を抜いている間、poon氏が病院掲示板へのNDA山口大会告知チラシ掲載許可を貰った。オレオの出場許可はまだおりないが!
ayu先生にはOKもらったのにな。最近、散歩も労ってやってるけど元に戻ってないかしら?

ところで、アレルギーで調べていたら、ちょっと気になることが。
エアロが足をしゃぶる癖ですが、実はアレルギー反応だったりするのでは?ということ。暇つぶしのオシャブリと思っていたけど、エアロまでアレルギー検査が必要か!?破産しちゃうよ〜
でも顔を洗うとか(エアロは猫だね〜って言ってた)、お尻をたまに地面に擦り付けるとか(コウモンセン溜まってると思ってた)、草食べて吐くとか(エアロはオレオと違って毛などを吐くのかと思ってた)心当たりが(>_<)

でもお腹は大丈夫だし。
我が家では、魚系と肉系グレインフリーフードを二種類まぜてるんだけど、poon氏に内緒でエアロはフードを一種だけにしてみるかな〜。
病気になったときに、前回どうだったっけ・・と思い出すのにブログはとても役にたつ。
ってことで、特に問題なしと言われたけど、オレオの血液検査結果を記録しておく。

項目
基準参考値
結果
疑われる問題点

減少(-)

増加(+)
RBC赤血球数550-850685貧血・ビタミン不足脱水、興奮
PCV血球容積37-5544.7貧血・ビタミン不足脱水、興奮
Hbヘモグロビン濃度12.0-18.016.8貧血・ビタミン不足脱水、興奮
MCV平均赤血球容積60-7765.3鉄欠乏出血、溶血、ビタミン不足
MCHC平均赤血球ヘモグロビン32-3637.6低色素性貧血 
TP総タンパク質6.0-8.06.8栄養障害、肝障害、腎障害感染、脱水、肝硬変、腫瘍
WBC総白血球数60-17089骨髄異常、パルボ等ウィルス感染、中毒、組織壊死

白血球分類

 

Band桿状核好中球300以下0 感染などの急性炎症
Seg分葉核好中球3000-115006230ウィルス、骨髄抑制ストレス、炎症、感染
Lymリンパ球1000-48001424ウィルス、ストレス慢性炎症、感染、白血病
Mon単球150-1350712 ストレス、肉芽腫性疾患、慢性感染
Eos好酸球100-1250534ストレス、クッシング寄生虫感染、アレルギー
Plat血小板数20-5023.3骨髄疾患、免疫疾患免疫疾患、急性出血、慢性感染
CRPC反応性タンパク0.0-1.00.05 急性炎症の重傷度



項目
基準参考値
結果
疑われる問題点

減少(-)

増加(+)
TP総タンパク質6.0-8.06.8栄養不良、肝障害、腎障害脱水、腫瘍、感染症、ショック
Albアルブミン2.6-3.34.1栄養不良、肝腎障害、下痢脱水
GOTアラニンーアミノトランスフェラーゼ9-6939 肝障害、筋損傷、心臓疾患
GPTアスパラギン酸アミノストランスフェラーゼ13-5384 肝障害、肝炎、貧血
ALPアルカリフォスファターゼ14-14283 仔犬、加増肥大、胆管異常、くる病、骨折、副腎皮質機能亢進症
T-Cho総コレステロール70-303177肝不全、肝硬変、慢性疾患、飢餓肥満、胆道閉塞、ホルモン異常、高脂肪食
Lipリパーゼ<160360 急性膵炎の指標
T-Bill総ビリルビン0.3-0.90.30 黄疸、胆石、肝臓病、溶血製貧血
Glu血糖値50-124129.0脂肪肝、低血糖、副腎機能低下糖尿病、食後、クッシング症候群、発熱
BUN尿素窒素4.8-31.425.9肝障害、たんぱく質不足腎不全、尿毒症、尿路結石、腎機能障害
Creクレアチニン0.2-1.60.9 腎不全、尿毒症、尿路結石、腎機能障害
Naナトリウム137-150144.0異常値:嘔吐、下痢、心疾患、腎疾患、呼吸器疾患、ショック
Kカリウム3.4-5.24.2
Clクロール102-117107.0
Caカルシウム7.9-12.210.4低カルシウム、痙攣腎不全、高蛋白血症、ビタミンD過剰


オレオが前回病院で処方されたのはこちら。とりあえず今はストップ。

フードの好き嫌いが激しいから・・食べるかな・・・と試供品を頂いて帰ったのですが、オレオ、入れ食い状態・・・
ジャガリコみたいな美味しそうなニオイがする!

オレオを心配してくださった方に頂いたのがコチラのフード。

胃腸炎・嘔吐・消化管障害・下痢など食事によるアレルギー症状があるワンコ用フード。
こんなのがあるんだね、知らなかった。
スパイシーなニオイのするフード。
オレオも美味しそうに食べてたけど、アレルギーとの切り分けのため、ちょっとストップ。

その方はコチラも!

内臓〜毛までなんだか色々よく効きそうな納豆菌の親戚


牛初乳から取られた乳清が腸管免疫を高める。


植物性たんぱく質。嗜好性が高いので体調不良時の栄養補給に良さそう。


高カロリー。体調不良時の栄養補給に。

と、お友達に頂いた情報。感謝です。
先生もボーダー飼の絆の強さに感心しておられました。(●´ω`●)

オレオは食欲旺盛でとっても元気なんだけど、腸を刺激する激しい運動は禁止されている。

NDA山口大会エントリー締切間近なのに!
posted by mingo at 00:53 | 山口 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 管理
この記事へのコメント
未だ気の抜けない状態なんですね…
オレオ君が食事をしっかり取ってくれるのは救いですね
長く続くと世話する側も疲弊してしまうので
mingoさん達も十分に体に気をつけて下さいね

晴海で元気なオレオ君の有志が見れるのを期待してます!!

Posted by mins at 2013年02月02日 21:58
>>minsさん
ご心配おかけしております。
とりあえず、下痢も薬との相性がいいのかピタッと止って血便も今のところ出ていません。
晴海で復帰できますように・・・
とりあえずエントリーはしましたが・・・
Posted by mingo at 2013年02月05日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:(管理人のみ表示)

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

絵文字
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317138599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック